×

カテゴリ

HOME»  SMP クラッチプレート

SMP クラッチプレート

究極のクラッチプレート 【SMP】クラッチプレート
純正のスチール(鉄)クラッチプレートに不満を感じ、究極のクラッチプレートが生まれました。

 

★純正のスチールから約70%大幅軽量★


 
鉄のプレートは重く熱伝導が悪いので、エンジンパーツには不向きです。
コストの為に鉄プレートをメーカーは採用しています。
他のパーツは進化し鉄からアルミに変わりさらに進化しようとしています。
クラッチプレートは50年前から進化していません。

 
SMPクラッチプレートの特徴
 
クラッチのきれやシフトチェンジ時のつながりもスムーズになります。
油温の低温時と高温時にクラッチレバーに出る遊びの変化もなく、操作性がUP致します。
特にスリッパークラッチ装着車両や油圧クラッチ付きの車輌には有効です。
純正プレートより表面強度が強いので摩耗が少なくOILの汚れが減少し、耐久性向上致します。

 

☆SMP装着のメリット☆


 
  • レスポンス向上
  • 低速トルク及び高回転の伸び向上
  • 高回転時の振動の軽減
  • クラッチフィーリングや切れの向上
  • プレートの焼けや熱ダレ減少
  • ドリブンプレート耐久性向上
  • その他


 
メタルコート表面処理の特徴
硬質アルマイトの約1.4倍
皮膜耐熱1500℃ 
熱伝導率が銅と同等 硬質アルマイトより約3.5倍

 

従来のスチールからドリブンプレートアルミ製に変更する事によってプレート自体で約70%の軽量化がはかれました。
このアルミドリブンプレートに特殊なコーティング(メタルコート)と呼ばれる高い表面硬度と熱伝導を得る表面処理が行なわれ、その結果、従来のスチールドリブンプレートより、回転フリクションが軽減されたほか、放熱性や耐久性及び伝達力に優れたドリブンプレートが完成致しました。
SMPクラッチプレートの特徴
上記プレートは1万キロ以上走行した物です。
上部プレートは錆が発生し焼けもあります。
中部大きく焼けが発生しています。
下部SMPプレートは錆びや焼けもなく摩耗も全く問題ありません。
 
下記SMPプレート装着例
SMPクラッチプレートの特徴

 

CONTENTS

CATEGORY